>

あとで家族葬にしたと伝えよう

誰を呼べば良いのか

参列してほしい人だけに、家族葬の案内状を送ってください。
家族葬にする時は、香典や供花を受け取らないことも多いです。
そのようなスタイルにするなら、案内状にその旨を書き添えましょう。
基本的に家族だけが家族葬に参列すると言われていますが、家族のように親しくしていた友人がいれば呼んでも構いません。

参列者を決める時は、故人にとって誰がお葬式にいたら喜んでくれるのか考えましょう。
また迷っている人がいたら、あとで来てもらえば良かったと後悔しないように呼んだ方が良いと言われています。
生前に故人がどのような人と仲良くしていたのか、把握することで参列者がわかります。
葬儀まで意外と時間がないので、早めに決めましょう。

事後報告で構わない

葬儀に呼ばなかった人は、終わってから葬儀は近親者のみで行ったと手紙で伝えてください。
それだけで家族葬だったと納得してもらえるので、トラブルが起こることはありません。
大抵の場合は事後報告をしますが、故人が亡くなったことを早く伝えなければいけない事情がある時は、故人や遺族の意思により近親者のみで家族葬を行うと手紙に書き添えましょう。

しかし家族葬であることを知らせていないと、故人が亡くなったことを知った人が、弔問に訪れる場合があります。
その際に追い返すのは失礼ですし、故人と最後のお別れをしたいという弔問客の意思を汲んで、一緒に葬儀を進めるのがマナーです。
葬儀の案内状の書き方は、調べればテンプレートが出てくるので参考にしましょう。


この記事をシェアする