>

大人数でなくても良い

参列できるのは家族のみ

名前の通り、非常に近い存在の家族だけでお葬式を行うスタイルを家族葬と呼んでいます。
非常に小規模なお葬式ですが、最近はこのスタイルを選択する人が多いです。
その理由は、リラックスした気持ちで故人を見送れるからだと言われています。
通常のお葬式では家族以外に親戚や、故人が生前に親しくしていた友人が参列します。

すると参列者をもてなすことで精いっぱいになって、故人を見送る時間を確保できないかもしれません。
さらに参列者が多いと、遺族の負担が増えて疲れてしまいます。
また派手なことが苦手な人が生前に、家族葬にしてほしいと遺言を残すケースが見られます。
故人から言われた場合は、その意思を尊重して家族葬を行いましょう。

料金が安く済む

通常のお葬式は、100万円近い金額が発生します。
規模が大きいともっと高額になるので、資金を確保するのが難しい場合があるでしょう。
それなら無理に通常のお葬式にこだわらず、家族葬を選択してください。
家族葬は、かなり安く済ませられるお葬式の方法です。
まず参列者がいないので、もてなす必要がありません。
そこで、費用を削減できます。

さらに人数が少ないので、大きな会場を借りなくても良くなります。
スペースさえ空いていれば自宅でお葬式を行うこともでき、すると会場代をゼロ円にできます。
このように費用面でもメリットがあるので、予算も考慮してお葬式のスタイルを決めてください。
例え費用が安くても、心がこもっていれば問題ありません。


この記事をシェアする